廃車

MENU

廃車手続きする前に買取・下取りで検討してみてください

日本国内で廃車扱いされてしまう車の中には、海外で販売されるものが幾つかあります。まだ利用出来ると判断されている物や、修理さえすれば売りに出せるということであれば、海外へ持っていくことで売ることが出来るのです。どうしてこのような状況が生まれるのかという話ですが、発展途上国には車を購入するお金が殆ど無いため、安価で購入できる車の需要が高いのです。

 

日本国内で相当利用されていて、廃車として出されている車でも、直せは利用できるなら海外のバイヤーは購入していきます。廃車になっている物を修理することによって、従来までの半額以下で購入できる車が生まれ、あまり収入のない海外でも車に乗ることが出来るのです。リサイクルというわけではありませんが、日本国内で廃車とされている車の中には、海外需要の高いものが眠っているというわけです。

 

発展途上国に行くと、車の部品がその辺に散らばって置かれている光景があります。これは残っている部品の中から、使えそうなものを持って行き、最終的に車の修理材料として利用しています。日本の廃車が海外でよく利用されているのは、部品としての価値が非常に高いことも理由になっています。

 

廃車されている車には、まだ利用できる部品が数多く眠っており、これを今の車に乗せ換えることで修理が出来るのです。海外は当然部品が不足している所も数多くあり、修理する部品を取り寄せることも難しくなっています。これを廃車されている車から手に入れることによって、格安で修理を行うことが可能となり、何時までも同じ車に乗ることが出来るのです。

 

海外で廃車の需要が高まっている背景には、日本の基準が発展途上国に比べて非常に高く、まだ利用できる物でも捨てられてしまうという部分があります。海外のバイヤーは廃車されている車でも、部品が利用出来るような購入したいと考えており、そうした車でも狙っている所はあるのです。海外需要の高い日本の廃車は、これからも発展途上国で利用されることが多くなるでしょう。

 

なので日本で廃車にして登録抹消する場合があるのであればこういう業者に売ってしまう方法がお得で永久抹消などの手続きも委託できます。その際には移動報告番号なども必要になりますが、費用も売った金額から差し引いて利益が出るだけだもじゅうぶんです。

なぜ廃車にするような車が売れるのか?なぜ一括見積りがいいのか?

海外(主に発展途上国)では、事故車(事故や災害で損傷した車)を修理して乗ることが一般的で、有効な資源として利用されています。

 

実際にアフリカの犯罪組織が自動車窃盗グループから盗難車を引き取り、解体所でバラバラにして密輸し、組み立てて売ってボロ儲けをしているという事実もあります。それだけ発展途上国での需要はあるのです。

 

日本の車は性能がいいので古い車も途上国では元気に走っています。そういう部品製造中止になったような車の部品取りの需要もあるので廃車にするような車が買い取れるわけです。

 

ですから、廃車にするような車でも価値があるのです。しかし、海外への輸出ルートを持っている業者でないと高値での買い取りは不可能です。

 

ソフトバンクとマイクロソフトの共同サイト『カービュー』ならそういった買取業者が競って一括見積もりを出してくれます。

 

一括見積りの強みは、見積りを出す業者が複数の業者から見積りがお客さんに行くのが分かっているので初めからMAXの見積りを出してくるので高値交渉の必要がないというところです。

 

業者は1対1の交渉ならちょっと安めの見積りを出しますよね?ちょっとおとなしそうなお客さんだったらそのまま押し切って契約。みたいな感じになりますが、初めから競合他社がいるのでMAXの価格を出さないとお客さんにもなりえないから業者は高い見積りを出すんですね。

廃車にするような車を引き取る業者は信用できるのか?

自動車専門の最大手ポータルサイト“carview”の業務提携先なので安心。自動車専門の最大手ポータルサイトがいい加減な会社と提携していたらそれこそ致命傷になってしまいます。その中の1社をとってみても年間3万台の契約実績があります。

どのような流れで手続きするのか?

カービューにアクセスし、見積り依頼業者を複数選択
選択した業者より簡易見積りが来るのでその中から無料出張査定してもらう業者を選ぶ
見積りの結果が良ければ売買契約を結ぶ。(見積り時間 10分〜15分)
事故車引取り。(大抵売買契約を結んだ翌日)
名義変更に必要な書類を業者に提出
業者より指定口座に振込み
業者より名義変更完了後、郵送にて通知が来る
完了

事故車を無料で引き取る業者・ディーラー等にもご注意

廃車にするケースはいろいろあると思います。 しかし、上記で説明したように廃車にするような車でも売れるんです。ですから事故してディーラーに引き取ってもらい、廃車手数料を払ってまで廃車にしたりすると大損しますので注意してくださいね。

 

お金を掛けて廃車処分するのとお金をもらって廃車にするのとでは金額換算で倍ほども違いますので一度一括見積もりする価値は十分にありますのでチェレンジしてみてください。

廃車ってなに?

車をはじめて買ったときのことを覚えておられますか。きっともうひとつの自分の部屋ができたようなとてもうれしい気持ちになったことでしょう。自分の車を持つというのは、そのようなずっと思い出に残るような大切な思い出になることが少なくないようです。

 

いままでの自分の乗っていた車を思い起こしても、なつかしく昔の友達を思い返すような記憶をたどることもあるかもしれません。そのような実に興味深い人と車の関係ではありますが、時折この「廃車」という、聞くところずいぶん消極的な言葉を耳にすることがあります。

 

例えば、事故が起きてしまったときに「これは廃車だね」とか、車が古くなってきたならば「もう廃車にして新しい車を買えば?」というようなかたちでこの「廃車」という言葉が使われています。

 

まるでいままで相棒のように一緒に働いてきた車が急に用済みのただの鉄のかたまりに落ちぶれてしまうようで、どうも気分のよい表現ではないように思えるかもしれません。とはいっても、「廃車」イコール「スクラップ」ではないということは知っておかなければなりません。

 

この「廃車」という言葉は基本的には公道を走ることができる状態としての自動車の登録を中止することを多くの場合意味します。

 

ですから、ナンバープレートが外れた状態でも、貴重なプレミアム車として店頭に飾っていたり、古いバスを事務所代わりに使ったりというように、廃車された車でも活用されることがあるということは十分あるわけです。

 

またときにはまだ使える車であっても廃車になる場合があります。では、そもそもなぜ「廃車」が必要なのでしょうか。これにはさまざまな理由が関係しており、それはわたしたちのメリットになる場合さえあるものです。それでは、次のところでその点をもう少し詳しく考えて見ましょう。

廃車業者を都道府県別で探す

北海道地方 : 北海道

 

東北地方 : 青森県 - 岩手県 - 宮城県 - 秋田県 - 山形県 - 福島県

 

関東地方 : 茨城県 - 栃木県 - 群馬県 - 埼玉県 - 千葉県 - 東京都 - 神奈川県

 

中部地方 : 新潟県 - 富山県 - 石川県 - 福井県 - 山梨県 - 長野県 - 岐阜県 - 静岡県 - 愛知県

 

近畿地方 : 三重県 - 滋賀県 - 京都府 - 大阪府 - 兵庫県 - 奈良県 - 和歌山県

 

中国地方 : 鳥取県 - 島根県 - 岡山県 - 広島県 - 山口県

 

四国地方 : 徳島県 - 香川県 - 愛媛県 - 高知県

 

九州地方 : 福岡県 - 佐賀県 - 長崎県 - 熊本県 - 大分県 - 宮崎県 - 鹿児島県

 

沖縄地方 : 沖縄県

昭和・平成の車でもOK!カービュー訪問記ドットコムはこちら !

更新履歴